イタリアンの食後酒!女とヤるなら理由をつけてアルコールを飲ませろ

alcohol

食事も楽しい雰囲気で進み、彼女を落とすまであと一押しというところまで持って行くことができたら、トドメに食後酒を飲ませて彼女を落としましょう。
食後酒を飲んでイタリアンでのマナーをスマートに完遂できたら、好感度もバッチリ!
彼女を落とせることはもう間違いなしです。

日本では、まだまだ認知度が低い食後酒ですが、これを使わない手はありません。
そこで今回は、女を落とすための食後酒についてご紹介します。

食後酒の役割

食後酒の役割としては「消化促進」と「食後を楽しい時間にする」という2つ効果があげられます。

食後酒には、たいていアルコール度数の高いものが用いられます。
なぜアルコール度数の高いのかというと、アルコール度数の高いお酒は胃液の分泌を促してくれる働きがあるからなんです。
一見アルコールで胃に負担がかかりそうですが、胃液の分泌を促してくれるので、身体のためには飲んでおいたほうが良いと言えるでしょう。
一気に酔いも進み、更に会話も弾みますね。

食後酒の中でもポピュラーなグラッパとチッェロ

食後酒の種類も様々です。
初めて食後酒を飲む時に迷わないように、今回は有名な、グラッパとリモンチッェロについてご紹介します。

【グラッパ】

grappa
グラッパは、ブドウが原料のイタリアでポピュラーな蒸留酒です。
ブドウが原料の蒸留酒というと、ブランデーを思い浮かべる人が多いと思いますが、グラッパとブランデーでは風味や味わいがかなり違います。
ブランデーは、ワインを蒸留して樽で作る蒸留酒なのに対して、グラッパはワインを作った後に残るブドウを搾ったもので蒸留して作る蒸留酒です。
ブランデーは樽で熟成させるので琥珀色ですが、グラッパは樽で熟成させないことが多いので無色です。
グラッパは樽で熟成させない分、ブドウのストレートな旨味を感じることができ、とてもフルーティーな味わいなのが特徴。
またブランデーはオンザロックス、水割り、ソーダ割りなど色々な飲み方をしますが、グラッパはストレートで飲むことが一般的です。
さらにグラッパは、コーヒーととても相性が良いのでコーヒーに混ぜて飲んでも美味しいんですよ。
グラッパの飲み方が分かれば、イタリアンを知り尽くした大人の男を演出できます。

【リモンチェッロ】

limoncello

食後酒で伝統的なのは、レモンを使ったリキュールのリモンチェッロです。
もともとは南イタリアで飲まれていた食後酒でしたが、観光客が飲むようになり全世界へと広がりました。
南イタリアではパスタやピザがよく食べられるので、食後にリモンチェッロを飲んで油の消化を促進させたことが始まりのようです。

レモンの爽やかな味わいは、食事の最後にはピッタリですね。
リモンチェッロは、レモンの皮とウォッカと砂糖と水でできており、糖度が高く、女性も飲みやすいのが特徴です。
飲みやすいですがアルコール度数が高いので、飲み過ぎてすごく酔ってしまいます。
ストレートで飲む際は気をつけて、時間をかけてゆっくり飲んでくださいね。

その人に合わせた勧め方

まずは、女性の好みや食後の満腹感をリサーチしましょう。
それぞれの女性の状況に合わせた食後酒を勧めてあげましょう。
大抵の女性は、食後酒よりはドルチェを選びがちなので、上手に食後酒を勧めてあげましょう。
ドルチェを食べたがっている女性には、ドルチェと相性のいい食後酒を選んで「ドルチェに合うから」とお勧めしてみるのがコツ。
もし、ドルチェと相性のいい食後酒がわからなかったら、お店のスタッフに聞いてみてくださいね。

メイン料理でお肉を食べたら、口の中が油っぽくなっていますし、胃がもたれないように消化を促進しなければいけません。
ですので、彼女の身体を気遣いながら食後酒の役割をしっかり教えて、食後酒を勧めてあげましょう。

また、イタリア料理はこってりしていてお腹がいっぱいになりがちです。
食事でお腹いっぱいの彼女を気遣って「お腹いっぱいなら、ドルチェじゃなくて、食後酒を頼もうか?」と優しく声をかければ、食後酒を頼みやすくなるでしょう。
好奇心旺盛な彼女なら、ドルチェとコーヒーと食後酒を頼んで、コーヒーに食後酒を入れて飲ませてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
食後酒には食後を楽しい時間にする役割があり、消化を助けてくれる役割があります。
ドルチェが好きな彼女にはドルチェを口実に、肉料理を食べた後は消化促進を口実に、食後酒を勧めてみましょう。

そしてこれは事前の準備が必要ですが、お店のスタッフの方にお願いしてメイン料理の後に、食後酒を出してもらうことも可能です。
メイン料理の後に注文しなくても食後酒が運ばれてきたら、特別感も演出できるし、きっと彼女も喜んで食後酒を飲んでくれますよ。
最後の最後まで気を抜かず、食後酒で最後の一押しをして確実にトドメを刺しましょう。

彼女が食後酒で酔っ払ったら…。
最高の夜が待ってます。