イタリア人は何故朝食をとる必要がないの?

朝食の画像

 

多くの日本人は、しっかりと朝食をとることは当たり前ですよね。

時間がなくても、何かしら食べなくてはと考える人が多いのではないでしょうか。

ですがイタリア人は、朝食をとる人は少ないそうです。

朝食をとらなければお腹がすいてしまうのに、なぜイタリア人は朝食をとらなくて平気なのでしょう。

そこで今回は、イタリア人の食文化についてご紹介します。

日本人とイタリア人の文化の違い

【日本人の食文化】

朝食の画像

古くから農耕民族の日本人は、太陽が昇るのと一緒に目覚め田畑へ行き、日が暮れたら家に帰り、夕食をとって寝ます。

そして日が昇るのと一緒に早朝に起き、仕事へ出掛けます。

夕方まで食事をしないなら、朝食をとらずにはいられませんよね。

そのため、腹持ちが良いお米が主食で野菜中心のおかずが一般的でした。

【イタリア人の食文化】

コーヒーの画像

日本に比べ日照時間が少し長いことや価値観の違いから、イタリア人は夜型です。

朝起きて仕事をして、仕事が終わってから夜寝るまでの時間を大切にしています。

彼女とレストランへ食事をしに行ったり、友達と飲みに行ったりして、夜の時間を楽しみます。

日本人は食事より生活自体を大切にしているのに対して、イタリア人は食事の時間をとても大切にしています。

イタリア人の夕食

ピザの画像

前にもご紹介したように、イタリア人はさっぱりした前菜から肉や魚のメイン料理、こってりしたピザやパスタなどの主食まで、
会話を楽しみながらゆっくり食べた後、すぐに帰らず街を歩いて楽しむそうです。

そうなると家に帰る時間が遅くなり、朝あまりお腹が空かない状態で目覚めます。

今では、日本人も仕事が終わってからご飯を食べに行く、飲みに行って夜の時間を楽しむということは当たり前になりましたが、イタリア人は昔から夜の時間を楽しみ、食事の時間を楽しんでいたんですね。

イタリア人の朝食

朝食の画像

お腹が空かないと、コーヒーだけで済ませてしまう方が多いようです。

朝食を毎回とる人でも、クロワッサンやブリオッシュなどをつまむ程度で、しっかりは食べません。

またイタリアにはたくさんのカフェがあるので、朝にカフェに寄ってから仕事に行くという人も多いようです。

大体の日本人はイタリア人と同じように朝食を軽くしてしまうとお腹が空くし、お昼休憩も12時からという人が多いでしょうから、休みの前日に狙った女を家に招き夜遅くまで楽しみ、朝食はイタリア人のように軽くしてみてはいかがでしょうか。

そして12時前にランチを食べれば、完璧なイタリア男の完成です。

イタリア人の昼食

パスタの画像

朝食を食べないので、さすがにお昼前になったらお腹が空きます。

ですので、だいたいのイタリア人は11時頃からお昼休憩に入って昼食をとります。

食事の時間を大切にするので、2時間は当たり前。多い人は、3~4時間とることもあるそうです。

中には、一旦家に帰って昼食をとるという人もいて、食事と家族を大切にしていることがよくわかります。

昼食は朝食と打って変わって、前菜、メイン料理、主食をしっかり食べます。

イタリア人の夜の楽しみ方

では実際に、イタリア人はどのように夜を楽しんでいるのでしょうか。

お酒を楽しむ

バーの画像

イタリアの飲み屋さんでは、日本でも定着しつつあるハッピーアワーで8~9時まで食前酒を楽しみます。

そしてほとんどのお店がおつまみ食べ放題なので、ゆっくりと語らいながらお酒を楽しむことができます。

またレストランもたくさんあるので、飲み屋さんで食前酒を楽しんだ後に料理と一緒にお酒を楽しめます。

家族や友人との時間を楽しむ

 

ホームパーティーの画像タリア人は、社交的で家族や友人で過ごす時間を大切にします。

家に家族や友人を招いてホームパーティーや、レストランで食事を楽しんだりします。

イタリア男を目指すなら狙った女を招く前に、友人や家族を招いておもてなしの練習をしましょう。

外出を楽しむ

夜の街の画像

イタリア人は、家で家族や友人と食事の時間を楽しむという反面、外出をしてレストランで食事をしたり、カフェでお茶をするのが大好きです。

また、食事をした後やお茶をした後に、街を歩きながら会話を楽しむので、外出をして楽しむのもオススメです。

まとめ

イタリア人の食文化についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

イタリア人は夜からの活動を大切にし、夕方からの時間を楽しんでいます。

お店で食事やお酒を毎日楽しんでいたらお金がどんどん無くなってしまうので、家で料理をして家族や友人をもてなしてバランス良く楽しんでいるようです。

日本は夜の時間を楽しむという文化ではなかったので、イタリア男を目指す男は料理の腕前や知識だけでなく、習慣も切り替えればバッチリですね。

心も体もイタリア男になりきって、狙った女を落として下さい。