今夜女とイタリアンに行くなら、人気の「アペロール」をチェック!

アペロールの画像

出典:COCKTAIL BIYORI 【カクテル日和】

お酒の種類も好みも様々ではありますが、飲みやすいカクテルはやはり女に人気のお酒です。

カクテルといえば、ベースリキュールとなっているウオッカの「スクリュー・ドライバー」や、ベースリキュールとなっているジンの「ジントニック」などが有名ですが、最近では、「アペロール」というイタリアのリキュールを使ったカクテルが大注目されています。

アペロールはイタリアでは広く愛されているリキュールなのですが、風味のよさや飲みやすさが相まって人気は世界中に広がっています。

楽しい夜の演出には、アペロールのカクテルがおすすめ!

見た目も味も女心を掴みとれるお酒なんです。

アペロールとは?

オレンジの画像

アペロールとは、イタリア発祥のリキュールです。

イタリアでは、市場で売れ残ったオレンジを袋に入れて絞り出しジュースにしていました。アペロールはその余った果汁が発酵しお酒になったのが起源といわれています。

まさに偶然の産物によってうまれたお酒ですね。

アペロールの歴史は古く、1919年にイタリア北東部ヴェネト州の都市パトヴァにあるバルビエリ・ブラザーズ社よって製造されたのが始まり。

様々なハーブやスイートオレンジなどの柑橘類を使用している秘伝のレシピは、誕生より約100年たった今でも変わらず大切に守り作り続けられています。

アルコール度数は11%です。

アペロールはどんな味?どんな香り?

カクテルの画像

アペロールは赤みが強いオレンジ色のハーブ系のリキュールです。

味は柑橘系のほのかな甘さを感じつつも、ハーブの爽やかさで後味はスッキリ。

その絶妙さが女性のみならず男性にも受けがよく、愛飲者が増えいている理由があるのでしょう。

みなさんが知っているリキュール「カンパリ」にもよく似ています。

しかし、苦味はアペロールの方が控えめです。

「カンパリの苦味がちょっと…」という方は、アペロールのカクテルの方がお好みかもしれませんね。

ぜひ試してみてください!

余談ですが、現在アペロールは、そのカンパリを製造しているグルッポ・カンパリ社のブランドのひとつです。

だから味が似ている!というわけでは決してありません。

カンパリもイタリアの代表的なお酒ですので、イタリアで好まれる味なのですね。

アペロールを使ったおすすめのカクテルはのちほどご紹介します!

アペロールは食前酒におすすめ

前回のコラムでご紹介したアペリティーボ(食前酒)ですが、アペロールという名前はそのアペリティーボから由来されているといわれています。

軽くて飲み口のいいアペロールは食前酒におすすめ。

食前酒をどうしようかなと悩んでいる女を目にしたら、ぜひアペロールをすすめてあげてください。

フルーティーで爽やかな味わいのカクテルは女受けしますよ。

また、イタリアにはディナーの前にお酒を飲みながら前菜を軽くつまむという習慣があります。

その習慣のことを本来の食前酒の意味とは別に「アペリティーボ」と呼んでいます。

日本でいう「ハッピーアワー」のようなものですね。

アペリティーボでも気軽に飲めるアペロールは人気です。

カクテルレシピ

アペロールスピリッツ

アペロールスプリッツの画像

出典:shot & cocktail bar over – Jimdo

アペロールを使った一押しのカクテルといえば「アペロールスピリッツ」です。

アペロールの人気はこのカクテルの誕生があってからこそ。アペロールが初めての方はまずはここからお試しを。

【材料】

アペロール
白ワイン(辛口がおすすめ)
ソーダ
オレンジ

アペロールソーダ

アペロールソーダの画像

出典:カウモ – 欲しいモノと出会う。

アペロールの甘さとソーダの爽やかさマッチしたカクテル。

レモンの風味も手伝って、気軽に飲める一杯です。

【材料】

アペロール
ソーダ
レモン

アペロールオレンジ

アペロールの画像

出典:COCKTAIL BIYORI 【カクテル日和】

オレンジの風味が強いアペロールにさらにオレンジジュースを合わせたカクテル。

フルーティーなカクテルがお好みの方は間違いなく好きになりますよ。

【材料】

アペロール
オレンジジュース

アペロールモーニ

アペロールモーニの画像

出典:FOOD GARDEN

オレンジジュースよりグレープフルーツジュースがお好みの方は、アペロールオレンジよりアペロールモーニの方がお口に合うかもしれません。

さっぱりとしたフルーツ系カクテルです。

【材料】

アペロール
グレープフルーツジュース
ソーダ

ヴェネツィアモヒート

ヴェネツィアモヒートの画像

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

モヒートといえばラムですが、ラムの代わりにアペロールを使って作られたのがヴェネツィアモヒートです。

ヴェネツィアモヒートなんてオシャレな名前ですよね。

【材料】

アペロール
ソーダ
ライム
ミント
砂糖

どれも共通して飲みやすく、口当たりのいいカクテルです。

始めての方は、まずは代名詞でもある「アペロールスピリッツ」からお試ししてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

時には、陽気なイタリア人のように昼下がりの太陽の下で気の合う仲間とワイワイ騒いだり、また、ロマンチックなイタリア男とイタリア女のように食前酒からゆっくりと食事を楽しんだりする時間を過ごしたいもの。

そんな大切な時間のお供にアペロールはピッタリのお酒です。

アペロールで乾杯すればふたりの距離もグッと近づくことでしょう。