狙った女性とヤれる!ワイングラスの洗い方/拭き方

ワイングラスの画像

 

ワイングラスを購入されている方で力を入れ過ぎてワイングラスを割ってしまったり、洗った後上手くグラスの水滴が拭き取れずグラスがくもってしまうという経験をされたことがあるのではないでしょうか。

ワイングラスは、他のグラスよりも繊細で独特な形をしています。

そんな繊細なワイングラスは、正しい洗い方や拭き方を知っておけば、割らずにキレイにワイングラスを長持ちさせることができるんですよ。

そこで今回、ワイングラスの洗い方と拭き方についてご紹介します。

ワイングラスを洗う時の持ち方

ワイングラスを洗ったことがない方は、グラスの脚の部分と飲み口を持って洗いがちです。

しかしそれでは、ボウルの下の部分から「ポキッ」と割れてしまったり、ボウルの薄い部分が割れてしまったりしてしまいます。

まずはグラスを下斜めに傾け、ボウルの下からボウルを包み込むように片手で持って下さい。

ボウルを包み込むように持つことによって、安定してグラスを洗うことができますよ。

ワイングラスを洗う時の力の入れ方

ワイングラスの画像

ワイングラスは酸化亜鉛をグラスの原料に混ぜて作られている物が多く、他のグラスよりも割れやすいのです。

ワイングラスを洗う時は、他のグラスを洗うときよりも力を入れず洗いましょう。

またワイングラスは繊細なので、食器洗浄機は避けたほうが良いでしょう。

ワイングラスを洗う時のスポンジ

最近では、ワイングラスを洗うようのスポンジが売られています。

こだわりのある方は、専用のスポンジを購入してみて下さい。

そこまでこだわりのない方は、いつも使っているスポンジで優しく洗えば大丈夫です。

ワイングラスを洗う時のお湯の温度

蛇口の画像

冷たい水でワイングラスを洗うとグラスが収縮してしまいます。

しかし、熱すぎるとグラスが膨張してしまうんです。

その収縮や膨張が、グラスの強度を弱めてしまい割れる原因にもなるので、洗う水の温度も重要です。

ワイングラスは、ぬるま湯で洗うのがベスト。

そして、しっかりと濯ぎ乾燥させましょう。

洗った後、洗剤が残ってしまって臭いが付いてしまう場合があります。

ワイングラスの拭き方

ワイングラスは割れやすいから、自然乾燥をする。という方も多いのではないでしょうか。

ですが自然乾燥の場合には水滴が残ってしまいます。

それでは、せっかくのワイングラスが台無しです。

しっかり布で拭き、曇りのないキレイなワイングラスでワインを飲みましょう。

ワイングラスを拭くの布

ワイングラスを拭く布は、毛羽立たないものを用意してください。

マイクロファイバーの布や、麻の布がオススメです。

グラスに直接触らないように拭くので、大きめの布が2枚あると良いでしょう。

ワイングラスの拭き方

ワイングラスを拭く時は、洗う時同様力を入れずに優しく拭きましょう。

①両手に布を持つ

②脚の台座を両手で拭く

③台座を片手で持ち、もう片方の手で細くなっている脚の部分を拭く

④片手でボウルの底の部分を持ち、もう片方の手でボウルの外側を拭く

⑤片手でボウルの底の部分を持ち、もう片方の布をボウルの中に入れる

⑥片手でボウルの底の部分を持ち、もう片方の手でボウルに入れた布でボウルの内側を拭く

使わずに曇ってしまったワイングラスは、沸騰したお湯に当てて、上記の方法で磨くとキレイになります。

ワイングラスの維持方法

ワイングラスの画像

ワイングラスは、グラスの飲み口が上になるように置いて保管しましょう。

飲み口を下にして置いてしまうと、割れやすくなってしまいます。

またワイングラスは匂いが移りやすいので、扉がついている食器棚にしまってください。

まとめ

ワイングラスの洗い方、拭き方についてご紹介しましたがいかがでしょうか。

ワイングラスはお手入れに手間がかかりますが、しっかりお手入れすることで長持ちして美味しくワインを飲むことができます。

自宅で狙った女とヤるためにイタリア料理を振る舞うのであれば、ワインとワイングラスはかかせません。

お気に入りのワイングラスを見つけてお手入れをしっかりし、狙った女を自宅に招く準備を始めましょう。