狙った女とイタリアンに行ったら最初にヤルべきことを徹底解説

狙った女とイタリアンに行ったら最初にヤルべきことを徹底解説

いつも何気なく見たり体験したりしているイタリアンでのしきたりですが、実は思い込みや勘違いも少なくありません。

そこで今回は、イタリアンの正式な振舞い方について徹底的に分析します。

イタリアンで狙った女性を落とすにあたり、知っておくべき作法や知識を、席についてからコースが来るまでに絞って解説いたします。

コースにおけるパンの役割

ヨーロッパの料理では、パンが非常に重要な役割を持っています。
私たち日本人にとってお米が大切なように、イタリア人にとってパンはとても大切であって食事には欠かせないものなのです。

イタリアンのパンの種類

イタリアの食事で多く登場するパンというと、白い小麦粉、塩、水、イーストで作られるシンプルな棒型の、日本ではフランスパンと呼ばれるものです。

これはヨーロッパ全土で食され、バゲットと呼ばれています。

軽食の際によく登場するのはフォカッチャです。

ピザの生地にローズマリーなどのハーブとオリーブ油で軽く味付けし、ピザよりも厚く形成して焼いたもので、ハムやチーズをはさんでサンドイッチとして食されることが多く食べられています。

他には同じ生地に多少のオリーブ油が加えられて、平たい棒方に形成されたチャバッタなどがあります。

食事の際に出されるパンはレストランの嗜好によって異なりますので食べ比べてみても良いでしょう。

パン・グリッシーニとは?

正統なイタリア料理で忘れてはいけないのはグリッシーニです。

イタリアンで、食事の注文が終わるとすぐ運ばれてくる細長いパンのことです。

グリッシーニは、オリーブ油、塩、水、イースト、デュラムコムギまたはセモリナという粉で焼かれており、クラッカーのような歯ごたえがするのが特徴です。

30cm以上の長いものもあれば、10cm程度の小さなものもあります。

グリッシーニはクラッカーのような食感ですのでお腹にたまりません。前菜が出されるまでのつなぎとして、大変重宝されています。

パンやグリッシーニを食べると、テーブルにカスが落ちますが、誇らしげにそのままにしておきましょう。

イタリアや南欧では、テーブル周りにパンかすが沢山ちらばっているのが美味しい証拠と考えられています。

パンはすべて食べても良い?

パンは、食事が出来るまでの間、お客様をもてなすために必ず食卓に出されます。日本料理でいうお通しのようなものです。

このとき、いくら空腹であっても絶対がっつかないようにしてください。

なぜなら、料理が出される前にパンを食べきってしまうと、前菜ならびにメインディッシュが出される頃にはお腹が一杯になってしまうからです。

どんなにお腹がすいていても、パンは一切れもしくは二切れ程度手をつけておくだけで我慢しておきましょう。

食べている途中のパンはどこに置く?

パンを食べる際、パン用の小皿が出されなかった場合はテーブルに直接置いても構いません。

綺麗なテーブルであることが前提ですが、イタリアの庶民的なレストランでは食べかけのパンはテーブルの上に置くのが普通です。

パンが持つ大切な役割

パンは食事が出されるまでのつなぎ以外にも、役目があります。

例えば、食事が終わってお皿にソースが残っている場合はパンで拭き取って食べましょう。そうすれば、お皿も綺麗になります。

ホームパーティーなどに招待された場合には大変喜ばれるでしょう。ただし、リストランテのような高級なレストランではしないほうが無難です。

サラダなどの取りにくい食事をフォークのみで食べる場合、フォークを持っていない方の手でパンを持ち、パンで集めてフォークに乗せるような形をとれば、フォークとナイフでなくてもエレガントに見せることができます。

お皿を交換してもらえないときは

たまに、食べ終わったのにお皿を交換してくれないということがあるかもしれまえせん。これは、イタリアンではフォークとナイフがお皿の端に載せてあるとまだ食べている途中と判断するからです。

恐らく1時間たってもお皿を交換してくれないでしょう。食事が終わったら、フォークとナイフをお皿の真ん中に並べて置くようにしてください。

このようにすることで、食事が終わったことをアピールできます。

イタリアンのナプキンはこう使え

ナプキンは何のためにある?

イタリアレストランでは、ナプキンは置かれたお皿の上に立ててあったり、たたんで置いてあったりします。果たして、ナプキンは何のためにあり、どのように使うものかご存知でしょうか。

実はナプキンは汚れを取るためにあるものではなく、食事で口についた油をぬぐうためにあります。イタリアンでは、ワインやその他飲み物のグラスに口をつける前は、必ずナプキンで口元の油をぬぐいます。

そうしないと、食事が終わる頃にはグラスの中が油まみれになってしまうからです。間違っても、額の汗をふいたり鼻をふいたりといった用途では使わないようにしてください。

彼女だけでなく、スタッフや周りのお客さんからも白い目で見られるハメになってしまいます。

ナプキンはいつ使う?

ナプキンは、注文が終わりフッと一息をつき、パンや食前酒が出されるころに広げましょう。

いつナプキンに手をかけるべきかという決まりはありませんが、席についてすぐナプキンに手をかけるとガツガツしているように見えますし、前菜が出されてから慌ててナプキンを皿からどかして場所を作るというのは、いかにも不慣れに見えてしまいます。

ナプキンはどのように使う?

開いたナプキンは、膝の上に二つ折りにしてから置きましょう。二つ折りにするのは、口を拭いた後に汚れが付いた面が見えないようにするためです。

それに加えて、汚れが上から見えなく、自分の服にも接触しないようになります。

日本人には、ナプキンを首からかける人もいますが、ヨーロッパでは基本的に子供以外はナプキンを首から掛けないので注意してください。

ナプキンが床に落ちたら?

もしナプキンが床に落ちても、自分で拾う必要はありません。スタッフを呼んで新しいものを持ってきてもらいます。

その際にさりげなく落ちたナプキンを拾ってもらうといいでしょう。席を離れる際には、綺麗にたたむ必要はありません。

簡単にいくつかに折ってお皿の右か左に置くだけで問題ありません。食事が終わった場合も同様にして帰りましょう。

イタリアン、こんなときはどうする?

その他、イタリアンでのデートに際して注意する点をいくつかご紹介しましょう。

電話が鳴った場合は?

楽しい食事中に携帯が鳴ったらどうしますか。あわてて消音ボタンを押すと、なんだか別の女性からの電話に慌てているような印象を与えてしまいます。

「いつか自分も同じことをされているかも」というところ勘ぐられる可能性があります。携帯の電源は切っておくにこしたことはありません。

肘をついて食べても良い?

食事中に肘をつかないというのは、とても大切なことです。姿勢が悪くなりますし、前かがみになっていると堂々とした姿勢が崩れてしまいます。

決めのデートでは、肘は絶対つかないようにしましょう。

スタッフの対応が悪い時は?

スタッフが自分の希望する対応をしなかった場合は、冷静に温和に対応しましょう。「言いたいことははっきり言わないと」と張り切っても感情の起伏を見せることは絶対にしてはいけません。

最後に…

いかがでしたでしょうか。

イタリアンでの狙った女性を落とす時は、注意する点が沢山あるのを理解いただけたと思います。

女性を紳士らしくエスコートして、馴れた素振りで食事を始めれば、狙った女性の警戒心を解くのはそれほど難しいことではありません。

そうすれば、自ずと狙った女性とヤルという目的も達成できるでしょう。美味しい食事を味わって女性の気分がよくなり、あなたの目的も達成できる。

イタリアンは万能な料理なのです。