なぜ食後にエスプレッソ?女とヤレるイタリアンには全て理由がある

ワインとコーヒーの画像

前菜から始まり肉料理やパスタを食べて、楽しい時間を過ごして、イタリア料理の最後を締めくくるのは、エスプレッソです。

カプチーノやカフェオレでもなく、なぜイタリア料理の最後にはエスプレッソを飲むのでしょうか。

エスプレッソには、古い歴史と食後の体を労る役割があるんです。

彼女にイタリア料理でのエスプレッソの役割を教えてあげれば、女とヤレるイタリアンが完結します。

そこで今回は、食後のエスプレッソについてご紹介します。

エスプレッソの基礎知識

コーヒー豆の画像

そもそもエスプレッソとは、どんな飲み物なのでしょうか。

エスプレッソとは、深入りしたコーヒー豆を蒸気によって圧力をかけ、短時間で抽出しているコーヒーのことです。

自然な浸透圧で抽出するドリップコーヒーに比べ、豆の使用量は少なくてすみます。

エスプレッソの歴史は古く、1806年にナポレオンが大陸封鎖令を発したことから始まります。

大陸封鎖令が出たことによって、コーヒー豆が不足しコーヒーの量を減らさなければいけなくなったことが原因で、デミタスカップができました。

デミタスカップとは、エスプレッソ用の小さいカップです。

そして、1901年にエスプレッソマシーンが登場し、デミタスカップに入れてエスプレッソ
が飲まれるようになりました。

イタリアンでのエスプレッソの役割

コーヒー飲む人の画像

やはり、食後の甘いドルチェの後には渋みの効いたエスプレッソがよく合います。

食後に苦いものを口にすることで、酔いを覚ますこともできますし、精神的なバランスも整えてくれるんです。

エスプレッソは消化促進も期待できるので、こってりしたイタリア料理を食べるなら、ぜひとも最後にエスプレッソは飲んでおきたいですね。

食後のコーヒーが消化促進に効果的だとしても、エスプレッソ以外のコーヒーを頼むのは一流のイタリアンのマナーとは言えません。

エスプレッソ以外のカプチーノやカフェオレには、牛乳や泡が入っているので「満腹にならなかった」「満足できなかった」というメッセージをお店に伝えることになってしまうんです。

本場のイタリア料理のマナーに従うのであれば、カプチーノやカフェオレではなく、エスプレッソを注文しましょう。

エスプレッソの飲み方について

エスプレッソの画像

食後のエスプレッソに、砂糖を入れずに飲む方をよく見かけます。

しかし、本場のイタリアンでは必ずエスプレッソに砂糖を入れるんです。

砂糖の量はシュガースプーン1~2杯。

その時、スプーンでかき混ぜすぎないのがポイントです。

クレマと呼ばれるエスプレッソの上にある泡をかき混ぜすぎることで、泡を消してしまいます。

クレマには、エスプレッソの香りを閉じ込める効果があるので、長く香りを楽しむためにもかき混ぜすぎないよう注意しましょう。

そしてこれはエスプレッソに限ったことではないですが、コーヒーは淹れてから時間が経つほど冷めていくので、香りが飛んでしまいます。

ですので、エスプレッソは温かいうちに早めに飲むことをおすすめします。

まとめ

デザートとコーヒーの画像

イタリアンでのエスプレッソについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

エスプレッソには、酔い覚ましや消化を促進させる大切な役割がありました。

飲み方も砂糖をたっぷり入れて飲むので、しっかり実践していきたいですね。

今回ご紹介したエスプレッソの知識を彼女に教えながら、食後も楽しい時間を過ごしましょう!

そして、女とヤレるイタリアンを完結させてください。