狙った女とヤれる【東京】イタリアン10選

ilboccalone

ヤレるイタリアンでモテる作法を使え!

東京には女性を食事に誘えば必ず“ヤレる”という魅惑のレストランがあります。
その中でもモテる男たちがチョイスする場所が、イタリアンです。

日本人に人気のジャンルであるイタリアンは、食事のバリエーションの多さや陽気な雰囲気、美味しいワインなど、女性を“落とす”要素がたっぷり詰まった場所です。

しかし、ただクオリティの高いイタリアンに女性を連れて行くだけでは、狙った女性を落とすことはできません。
イタリアンには守るべき“作法”があるのです。
その作法さえしっかりと身に着けておけば、“ヤレるかもしれないレストラン”が“ヤレるレストラン”に変わるのです。

さぁ、ここではヤレることで注目のイタリアンと、女性を落とすための作法を同時に紹介します。
狙った女性がいる方は、ぜひ熟読しておきましょう!

イル・ボッカローネ

ilboccalone

(出典:イル・ボッカローネ) http://ilboccalone.net/

恵比寿にある、トラットリアのパイオニアがこの「イル・ボッカローネ」です。
恵比寿という好立地に位置するだけでなく、店内もワイワイ賑やかな大人のカジュアルイタリアンです。
さて、ここで食べておくべき料理はTボーンステーキとリゾット。

本格的なTボーンステーキを食べられるトラットリアは、東京広しと言えど少なく、イル・ボッカローネの4番バッター的なメニューです。

さらにリゾットはパルメザンチーズを器に見立てるという手の込みよう。
こういった、サプライズを用意しておくのが女性を落とすテクニックのひとつです。

イタリア人スタッフも多くいるので、まさに東京のイタリアといった雰囲気。
ラフにおしゃれなイタリアンを楽しめる場所をチョイスするのが、モテる男の鉄則です。

ボガマリ

bogamari cucina marinara

(出典:食べログ) http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13161528/

イタリアの港町のレストランを彷彿とさせるトラットリア「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」は、北参道駅から直ぐの好立地。

店内に入ってまず驚くのが、ボガマリにはグランドメニューが存在しないことです。
当日に仕入れた新鮮な魚介類などを見ながら、スタッフが相談してメニューを決めて行くスタイルです。

イタリアの魚市場に来たような迫力ある食材の充実ぶりは、魚好きの女性にはもうたまらないでしょう。

もちろん、店内も明るく陽気な雰囲気で話が弾みやすく、どんどん相手の懐に忍び込めそう。
ワインは南フランス特有の魚介類と合わせやすいラインナップですし、ノンアルコールも充実。
お店任せではなく、自分たちで決めたメニューが供される共同作業的なイタリアンが、グッと女性との距離を縮めます!

タロス

tharros

(出典:食べログ) http://www.tharros.jp/access.html

渋谷のマークシティ近くにある、隠れた名店イタリアンが「タロス」。
イタリア・サルディーニャ島にある小さな街の名を付けたこのイタリアンは、まさか渋谷の駅近にあるとは思えない大人な雰囲気です。

長寿の島と呼ばれるサルディーニャの料理を中心に、ワインもサルディーニャの各地方の赤白ロゼ、スパークリングを揃え、楽しく会話を弾ませることができます。
照明も控えめな明るさで男女の距離が縮まりやすいという心理効果も。

こういったところを使える男がモテに繋がるので覚えておきましょう。
また、タロスは自家製小皿や最高級サルデーニャ産ぼらカラスミとセロリ、ペコリーノチーズのサラダなど、サイドメニューのレベルが高いのもポイント。
ワインのおしゃれな豆知識も交えながら、メインへアプローチしていく“こなれ感”がヤレるイタリアンなのです。

ランテルナマジカ

lanterna magica

(出典:ホットペッパー) http://imgfp.hotp.jp/IMGH/73/09/P020997309/P020997309_480.jpg

イタリアン激戦区である恵比寿に店舗を構えるレストラン「ランテルナマジカ」。
レトロな赤レンガの外観や落ち着いた大人な雰囲気の店内内装など、まさにデキる男をアピールするにはもってこいのシチュエーションが揃います。

シックな印象で女性がちょっぴり緊張しそうですが、スタッフもとても気さくですし、何といっても料理が大皿料理でざっくばらん。

格好だけつけた二流のイタリアンでは無く、本場の空気を楽しく提供する心意気こそ、ランテルナマジカが支持される理由でしょう。

見た目はスタイリッシュなのに、中身のある気さくな雰囲気。
モテる男の定番をこの店は感じさせます。
また、ワインの珍しいものが揃うのもヤレるポイント。

ヴァッレダオスタ州やリグーリア州など、なかなか日本でお目にかかれない希少なワインがリストにあるため、その貴重さも合わせてトークを絡ませれば、必ず落とせます。
ワインの知識も案外、使えるのです。

タベルナクアーレ クラシケ

taverna quale classiche

(出典:食べログ) http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13141680/

あまりにも高級なイタリアンに連れて行くと、女性に“張り切ってんなぁ”と、思われるかもしれません。
ヤレるイタリアンとは、日常使いできるような雰囲気のイタリアンをチョイスすることも大切です。

そんなヤレるイタリアンが広尾と恵比寿という、最高のおしゃれエリアにあります。
それが「タベルナ・クアーレ・クラシケ」。

シンプルな外観にちょっと狭めのイタリアン食堂といった雰囲気が二人の心を近づけます。
照明が暗めで相手に近づきやすいという嬉しい仕様。

さて店内では、カウンターがおすすめです。
タベルナ・クアーレ・クラシケのおすすめは自家製パンチェッタを利用した、アマトリチァーナ。
自家製サルシッチャもボリューム感があり、満足感が半端ではありません。
南イタリアベースの、ド直球料理が女性の心を掴むはずです。

パラディーゾ

paradiso

(出典:食べログ) https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/36796/640x640_rect_36796238.jpg

食の都、イタリア・カンパーニア州。
南イタリア・アマルフィ海岸にある、ガヤガヤ心地良い賑やかさを再現したのが、「トラットリア・築地パラディーゾ」です。

青を基調とした地中海を思わせる内装にタイルが敷きつめられる、まさに”こなれ感”漂う空間が女性の心を掴みます。
美味しい料理を食べたいなら、東京の台所「築地」に行けば話は早い。
敢えて築地をチョイスするのがイタリアンを使いなれたモテる男です。

新鮮な魚介類はもちろんのこと、肉や野菜も全て新鮮。
スタッフもかなり気さくなので、ガンガン話しかけましょう。
周囲の環境も利用しながら女性を楽しませることができる男性に、女性は簡単に心を落とします。

ワインも魚介に合わせやすい白、タンニンが効いた重厚感あるDOCGレベルの赤も揃っているので、あっという間に男性がペースを掴めるはずです。

バンデルオーラ

trattora alla banderuola

(出典:BUAISO.net) http://www.buaiso.net/lifestyle/restaurant/29140/

恵比寿駅西口から歩いて4分ほどの場所に位置する、トラットリア「バンデルオーラ」。
可愛らしいシンプルなイタリアンといった外観と落ち着いた内装は、どんな女性でも馴染みやすく、肩意地張らない雰囲気となっています。

さて、このバンデルオーラ、まだまだ日本では珍しいとされるイタリア地方伝統料理のクスクスを供するトラットリアです。

イタリアを愛するスタッフたちが魂を込めて生み出す料理は、何と常時100種類以上というラインナップ。
女性を落とすなら、絶対にチョイスしたいのが朝獲れの魚介マリネ盛り合わせです。
新鮮さが命の旬の魚介類を惜しげも無く使う、イタリアンならではの豪快さがモテに繋がります。

トスカーナ地方唯一の白ワインDOCG「ヴェルナッチャ ディ サンジミニャーノ」も用意されており、女性の舌は100%大満足。
地方料理を交えながら、自分の出身地についての話なども楽しむのが、女性との距離を縮める手段のひとつです。

ダルビルバンテジョコンド

trattora dal birbante giocondo

(出典:ホットペッパー) http://imgfp.hotp.jp/IMGH/03/48/P020120348/P020120348_480.jpg

ガヤガヤした楽しいトラットリアも良いけれど、ちょっぴり本格的なイタリアンで落としたいという男性には「ダルビルバンテジョコンド」がおすすめです。

目黒と白金台の中間、庭園美術館前にあるイタリアンということで、シチュエーションは100点満点。
ラツィオ州の郷土料理にローマの下町料理をベースに、最高の材料で最高の料理を提供してくれる名店です。

内装は明るめでスッキリとした食堂風の雰囲気。
それなのに上品さは薄れておらず、おしゃれなのに気取らないレベルの高さが魅力です。
アリッチャ村の仔豚丸焼き“ポルケッタ”をはじめ、本場さながらの料理の数々。

フラスカティやカステッリなど、日本では珍しいラツィオ州のワインも揃えており、ちょっと旅に出ている気分も味わえます。
こういった”トリップ感”が味わえるイタリアンこそ、女性の気持ちを開放的にしてくれるヤレるイタリアンなのです。

イルフォルネッロ

trattora il fornello

(出典:イルフォルネッロ) http://ilfornello.jp/other/

東京都内最大のディープタウン、中野。数多くの飲食店が軒を連ねる美食の街ですが、実はイタリアンの名店も多く、今回紹介するのは中でもイチオシのヤレるイタリアン「イルフォルネッロ」です。

何と、イタリア政府公認在日イタリア商工会議所認定レストランということで、イタリアン人も認める本物のイタリアンを提供してくれる店なのです。

店内は木材を中心に愛らしいテーブルクロスでまとめられた、非常に清潔感がある空間。
何故ここが落とせるイタリアンなのかというと、本物のカルボナーラを出す店だからです。

都内のイタリアブームをもたらしたシェフの一人が作る、本場のカルボナーラはとろけるような歯ざわりで天にも昇る旨さ。
中野という街のざっくばらんな懐の深さも相まって話が弾み、いつしか女性との距離もどんどん近づいていくはずです。

デリツィオーゾイタリア

delizioso italia

(出典:KAUMO) https://cdn.kaumo.jp/element/1822_1418354077_23030.jpg?w=700&h=700&t=resize&q=90

渋谷恵比寿の一角で営業を続ける、気分の良いイタリアン「デリツィオーゾイタリア」。

ネオン風の看板が否応無しに気分を盛り上げ、扉を開けた時の賑やかしさも本場イタリアさながら。
暗めの照明に合わせた重厚感のあるインテリアとなっており、落ち着いた大人の社交場といった言葉がぴったりなイタリアンです。

自家製パスタをはじめ、シェフが旬の食材を使って本格的なイタリアンを提供します。
また、注目すべきはピザと肉料理。
新窯を使ったピザや豪快な肉料理に、女性の声色も明るくなります。

デリツィオーゾイタリアの嬉しいポイントは時間を忘れさせてくれる楽しさ。
物々しい雰囲気は一切なく、どんどん女性との会話が弾みます。

モテる男のトークは、こういった相手がリラックスする場所で本領を発揮します。
肩肘張らずに女性を落とせる、ヤレるイタリアンがデリツィオーゾイタリアです。

まとめ

モテる男が使いたい、ヤレるイタリアンを10店紹介しました。
全てに共通しているのは、本格的なイタリアンとワインが揃っているところ。

本気で女性を落とすなら、女性のお腹と心を満たしてあげることが大切です。
そして、そこに畳み掛けるように巧みなトークと相手へのリスペクト。

モテる男はイタリアンで自分のことを下手に自慢せず、その場の雰囲気を楽しみ、さらにはスタッフや周囲のお客にも敬意をはらって行動します。

こういったレベルの高いイタリアンを使いこなしている、という姿は女性の心をぐっと揺らします。
総合的にバランスが整い、女性を楽しませることができるヤレるイタリアンをアナタのリストにしっかりと入れておきましょう。